両親を始めとする親がしっかりと見守ってあげたいですね。

経済力のある国、日本。
その豊かな暮らしは、素晴らしいものです。
貧困に悩まされ、今日食べる食事も無い、なんて人は、ほぼいません。
選びたい放題に食べ物を選ぶことができ、無駄になったものは、どんどん捨てられているのが現実です。
外食やお弁当、加工食品も、日常生活と切っても切れない存在となってしまっています。
そんな豊かで便利な暮らしは、ある意味では、とても快適だと感じますね。
ですが、実はその反面で、制御の利かない子供達は、肥満になってしまったり、飽食の影響を強く受けています。
虚弱体質といわれる子供が増えているのも、食生活の変化によるところが大きいですよね。
肥満児が増加すると、つまりは将来の生活習慣病になるリスクを抱えた人が増える、ということです。
しかも、子供の頃に肥満だった人は、大人になってからも太りやすく痩せにくい体質になる場合が多いといわれ、自分で気づいて痩せたいと努力しても、手遅れだったりするのです。
なんとか痩せることができても、皮膚が伸びきってしまって、露出度の高いファッションを楽しめるような状態ではない、ということもあります。
子供の頃の肥満は、その子の将来にも、大きな影響を与えてしまうのですね。
だからこそ、肥満は全力で、保護者が責任を持って止めてあげなければなりません。
子供の健康管理は保護者のもっとも重要な役割だと考えて、しっかり、子供が食べるものを選んであげられる親にならなければなりません。
甘やかすだけが、子供をかわいがるということではないんですね!
太っていることは、子供にとっても大きなコンプレックスになり得ます。
子供が、自分の体型に悩み、苦労することがないように、両親を始めとする親がしっかりと見守ってあげたいですね。

健康的で体が喜ぶ食生活

日本は、食べ物に困る国民のいない、非常に豊かな国ですよね。
飽食とも言われる時代にあり、考えなければならないのは、食べ物をいかに確保するかということではなく、どう選んで食べていくか、ということです。
特に、最近は食の欧米化が進み、高脂肪な食べ物が一般的に食べられるようになりました。
また、お砂糖たっぷりの甘いお菓子も、子供のお小遣いでも購入できるような価格で販売されています。
そんな中で、問題となっているのが肥満児の増加です。
豊かな国になればなるほど、食べたいと感じるものをそのまま口にしてしまう子供達に、肥満児が多くなっていってしまう傾向がみられます。
日本も、少し前までは、肥満児が多く、深刻でしたよね。
現代でも、一部の子供は肥満に悩まされてはいますが、最近は健康志向が高まり、食育が徹底されたことから、昔ながらの日本食が見直され、徐々に状況は改善されてきています。
ですが、中国や欧米といった国を見てみると、豊かな暮らしをする人々の中には、子供がどうしようもないほど肥満になってしまっていることもあります。
しかも、そんな子供を持つ親は、子供の健康に関しては、無関心だったりするのです。
これは恐ろしいことですよね。
自分の大切な子供が、喜んで美味しい食べ物を食べている姿は、親として微笑ましいかもしれません。
でも、その子供の体のために、将来のために、全力で正しい食生活を教えなければならないのは、保護者の務めです。
子供の食生活が乱れ、食事代わりにお菓子を食べたり、食事内容も揚物や肉類中心という家庭があるのは怖いことです。
その子供に、将来「生活習慣病になれば良い」と言っているようなものです。
野菜中心、魚中心の健康的な食事を適度に食べる、という、健康的で体が喜ぶ食生活を、子供達に伝えていきたいですね。

誰もが豊かな生活を送れるようになりました。

現代社会は、物が溢れ、誰もが豊かな生活を送れるようになりました。
スーパーに行けば食べるものはいくらでもあり、その中から、好きなものを選んで食べることができます。
わざわざ自宅で料理しなくても、買い物に行き、少しお金を支払えば調理済みのお惣菜を手に入れることもできますし、ちょっと疲れた時に便利な冷凍食品も豊富にあります。
中にどんな添加物が使われているのか、どれだけの脂が使われているのか、なんて、あまり考えない人も多いですよね。
特に、現代社会では女性も社会進出している方が多く、子供がいても、家事と育児の両立という場合も多々あります。
これは素晴らしいことですが、そのためにどうしても、食事の準備がおろそかになってしまっている家庭が多いのも現実です。
油分たっぷり、高カロリーなお惣菜の使用が当たり前になり、肥満児の大きな原因となっています。
便利な生活と引き換えに、子供の健康を損なうのは、恐ろしいことですよね。
最近はかなり健康志向も高まり、自然派で栄養面を考慮した食べ物も増えてきました。
こういったものをうまく活用して、子供の健康を守ってあげたいものです。
小さな子供は、自分で食べるものを選ぶことができません。
だからこそ、周囲の大人が、子供の食べるものをきちんと選んであげて、良い食生活が送れるようにしてあげることが大切ですね。
小さな子供の頃の食生活は、大人になってからの生活習慣にも、健康や体型にも大きく関係してくるので、しっかり注意してあげましょう!
どんなに忙しくても、1日3食、規則正しい食事を食べさせてあげて、お菓子ばかりの食生活になるのも避けてあげたいですね。
美味しいお菓子が溢れかえっている現代社会は、ある意味幸せに感じますが、肥満児の増加には深刻な影響を与えているといえます。
お菓子の正しい食べ方を教えていくことも、今後の大きな課題ともいえるかもしれません。

とても暮らしやすくなっているように思えます

現代という時代は、便利なものがたくさん登場し、とても暮らしやすくなっているように思えますよね。
ですが、その反動のようにして起こってきている問題も多々あります。
例えば、肥満児の問題。
日本は経済的に豊かな国になり、小さな国であるにも関わらず、食べ物には困らない、全国民がしっかり栄養を摂取できるような国になっています。
ですが、何でも好きなものを簡単に手に入れられる、便利な時代になってしまったからこそ、栄養バランスを考えずに高カロリー高脂肪な食べ物ばかりを食べ、太ってしまう人も多いのです。
特に、子供の場合は大人のように将来の健康を考えたり、美容面を気にしたりすることも無く、知識もそれほど豊富ではないため、どんどん自分の欲求に合わせて食べたいものを食べてしまいます。
その結果、日本には肥満児が溢れかえっているような状態になっています。
肥満体型で、栄養が行き届いているようには見えますが、実際にはお菓子ばかり食べたり、栄養が大きく偏った状態で、健康的とはいえません。
少しの運動でも体が辛く、動かなくなることで、より肥満に拍車をかけるという悪循環に陥っている子もいます。
そんな状態を打開するために、最近では学校教育などでも、食に関する教育が盛んに行われるようになってきましたね。
親世代に向けての食育プログラムというのも、多数開催されています。
おかげで、かなり栄養や食べ物に対する考え方は変化してきました。
日本が、経済的に豊かなだけではなく、健康的な長寿国であり続けるために、肥満児対策や食育は、今後も重要な課題となりそうですね!
昔ながらの日本食が、徐々に注目を集めはじめている現代。
これからも、どんどん健康志向が高まり、肥満児が減少していくことを期待したいですね。